2017年07月19日

街が刻む時間


単なる日記です(^^;
なんか書きたくなったから書いたーー!


毎朝、同じ時間に家を出て、いつもの道を駅に向かって歩いて行くと、
50mも歩かないうちに、いつものシエンタとミラ ココアに抜かされる。

旧東海道に出ようとすると、いつもの双子の女子高生が自転車で目の前を通り過ぎる。

駅に向かう一直線の道を歩いていると、
いつもの横道からいつもの黒いワンボックスが出て来てビクッとする。

いつもの横断歩道で、いつもの女子高生、男子高生が信号まちをする。
それも、4つの横断歩道それぞれで、別々のメンバーが同じように。
高校の頃、サラリーマンを見た記憶が皆無だから、きっとあの学生さん達には
自分が見えていないんだろなと、いつも思いながらすれ違う。


お蕎麦屋さんの前で、前方からくるいつもの3人の女子高生とスレ違い、
その直後、後ろからすごいスピードの髪の長いおねぇさんと、
ちーこい自転車のおにぃさんに抜かれる。顔は一度もみたことがない。


横断歩道をわたって道を曲がると、いつもの自転車の女子高生とすれ違う。
そして、いつものおばちゃんも日傘をさしてゆっくりと歩いてすれ違う。

駅につくと、旧道のところで見かけた双子の女子高生が階段の下でスマホをいじっている。
そして、いつものメンバーが同じ車両の同じ扉の前で電車をまち、
電車にのるといつものメンバーで同じような席に座る。
もちろん、駅に電車がついた時すでに座っているメンバーも同じだ。

学生のときは、荻窪~御茶ノ水の行き来だったから
「電車でいつもみかけるあの子」
なんてのは、なんのことやらわからなかったけど、
いざ地元にもどってくると、電車どころか、
街のいたる所で、特定の時間に毎日、同じメンバーが勢揃いする。

きっと、信号機でそれぞれの人の行動のゆらぎがリセットされるんだろうなぁと
思いながら、また明日も名も知らない同じメンバーで顔をあわせることになる。

街が時を刻んでる。って思ってる。





end
posted by めーめ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
ぽちっとなsoon ブログランキング・にほんブログ村へ endぽちっとな




メルマガ登録はこちらから
  ホスト名:coach5434
  メールアドレス:ご自分のメールアドレス

Twitterのフォローをお願いしますm(_ _)m
@meime3